トップページお客さまへ水道水の放射性物質の検査結果について > 検査体制の見直しについて

ここから本文

検査体制の見直しについて


1 測定機器及び測定精度

ゲルマニウム半導体検出器による測定を行います。
なお、NaI(Tl)シンチレーション検出器では、検出限界値1Bq/kgを確保することができないため、測定は行いません。
横須賀市上下水道局ではゲルマニウム半導体検出器を整備いたしますが、整備されるまでは、外部委託による測定により対応します。

2 測定頻度

有馬浄水場浄水については週1回、湧水を水源とする走水水源地原水と浄水については、月1回実施します。
有馬浄水場の原水は、神奈川県内広域水道企業団が共同取水である社家取入口で測定し、本市と測定値の共有化を図ります。
測定結果が指標値を超過し、又は超過しそうな場合には、頻度を増やして対応します。

3 対象項目

放射性ヨウ素は、半減期が短いことから対象外となったので、放射性セシウムについて測定を行います。

4 ホームページの公表時間

委託による測定であり、また、一定の時間が必要なことから、有馬浄水場浄水については採水当日17時、走水水源地原水と浄水については採水翌日を目途に変更します。

5 実施時期

4月第1週の測定から実施します。