トップページお客さまへ災害対策・防災関連内水による浸水ハザードマップ > 日頃の備えと避難情報

ここから本文

日頃の備えと避難情報

日頃からの備え



大雨が降ってきたら


雨の降り方に注意しましょう

1時間降水量10~20mm20~30mm30~50mm50~80mm80mm以上
予報用語やや強い雨強い雨激しい雨非常に激しい雨猛烈な雨
人の受けるイメージザーザーと降るどしゃ降りバケツをひっくり返したように降る滝のように降る
ゴーゴーと降り続く
息苦しくなるような圧迫感があり、恐怖を感ずる
人への影響地面からの跳ね返りで足元がぬれる傘をさしていてもぬれる傘は全く役に立たなくなる
屋外の様子地面一面に水たまりができる道路が川のようになる水しぶきであたり一面が白っぽくなり、視界が悪くなる
車にのっていて ワイパーを速くしても見づらい高速走行時、車軸と路面の間に水幕が生じ、ブレーキが利かなくなるハイドロプレーニング現象車の運転は危険

気象情報に注意しましょう


気象庁が発表する横須賀市の注意報・警報の発表基準
種類   注意報 警報
大雨 雨量基準 平坦地 1時間雨量25㎜ 1時間雨量50㎜
平坦地以外 1時間雨量30㎜ 1時間雨量60㎜
洪水 雨量基準 平坦地 1時間雨量25㎜ 1時間雨量50㎜
平坦地以外 1時間雨量30㎜ 1時間雨量60㎜
○注意報 : 災害が起こるおそれがあることを注意
○警 報 : 重大な災害が起こるおそれがあることを警告
○平坦地 : 概ね傾斜が30パーミリ以下で、都市化率が25パーセント以上の地域
○平坦地以外 : 上記以外の地域
○「平坦地、平坦地以外」の地域図は

豪雨時の地下室は危険ですから、早めに上階へ避難しましょう


家庭でできる簡易水防方法


ごみ袋による簡易水のう方法

ポリタンクとレジャーシートによる方法

プランターとレジャーシートによる方法

板などによる方法

吸水性ゲル水のうによる方法

避難するときは



関係機関の連絡先

内容関係機関電話番号
下水が溢れたので調査をしてほしい上下水道局823-2125
市道・河川等に関すること市役所822-4000
市役所当直室(夜間・土日祝日の緊急時)822-9000
緊急性がある場合
救急車や消防隊の活動が必要な時
消防119
国道16号に関すること国土交通省
関東地方整備局
横浜国道事務所
金沢国道出張所
045-774-2091
国道134号と県道に関すること神奈川県県土整備部横須賀土木事務所853-8800

【経営計画課  TEL:046-822-8614